1

『RPM-67Racing』は、約300工程に及ぶ入念なハンドメイクとTQC(Total Quality Control:全社的品質管理)から生まれたエキゾーストシステムで、1989年まで製造していた『RPM-4in2in1 F-TYPE』の外観と、音質の要でもあるサイレンサー内部構造に大きな変更を加える事なく、F-TYPE・レプリカモデルとして1998年に発売したオリジナルマフラーブランドです。
当製品は、HONDA HAWK Ⅲ(車両型式:CB400N)に適合するフルエキゾーストマフラーです。

■エキゾーストパイプ
ディテールの拘りが、全体的な印象を決める。
エンジン排気ポート部からサイレンサー入口まで流麗なフォルムのエキゾーストパイプ。
1番・2番エキゾーストパイプそれぞれの角度や纏まり具合について試行錯誤を繰り返し、車体との一体感を最大値まで追究しました。
その曲線は、まるで上質な管楽器のような美観性です。
素材は、スチール(STKM11A 機械構造用炭素鋼鋼管)を採用、部品一つ一つを職人の手によって丁寧に磨き上げた後、装飾クロムを含めた2層以上のメッキ処理を施し、高い耐候性と光沢を与えます。

■サイレンサー
φ67×300サイズのサイレンサーは、内部を完全な二重構造にする事で、最小限の排気抵抗で最大限の消音効果が得られます。
低回転域では力強い重低音質、高回転域では爽快なレーシングサウンドを奏でます。
メリハリのあるエキゾーストノートは、アクセルワークの度、この上無い高揚感と爽快感を感じます。
良い意味で荒々しさのあるサウンドは、ライディングの楽しさを何倍にも増幅させます。
軽量且つコンパクトなボディは、高い剛性を持ち、過酷な使用条件による振動への耐性に優れているだけでなく、車体に装着した際、全体的なシルエットを美しく演出します。
アウターカバー素材には、以下3種類のマテリアルをラインナップしております。
・アルミ合金 A6063S
・ステンレス SUS304/鏡面処理
・チタン TP270

■部品構成
「(エンジンから集合部までの)フロントエキゾーストパイプ 2本」と「(集合部からサイレンサーを含めた)テールASSY 1本」の計5つのパーツから成るフルエキゾーストマフラーです。

■装着状態
エンジン排気ポート部及びテールステー部の2点で車体に固定します。
エンジン排気ポート部取り付けの際は、HONDA純正フリーフランジ(エキゾーストホルダー)を使用します。
※フリーフランジ及びエキゾーストガスケットは付属しておりませんので、別途ご用意頂く必要が御座います。

■オプションパーツ
新品出荷状態に更なる静粛性能を与える事が可能なオプションパーツ『RPM-67Racing用エンドバッフル』を販売しております。
品番:B1211

■補修(アフターサービス)
使用経年による消音用グラスウールの劣化やマフラー本体の破損など、必要となる様々な補修や部品交換のご依頼に対応可能です。
※補修内容によっては、当社工場でのお預かり修理となる場合が御座いますので、詳しくは取扱代理店または当社までお気軽にご相談下さい。

■サイレンサー構造要件について
当製品のインナーサイレンサーは、溶接固定しております。
※音量調整・背圧調整は不可となります。

ラインナップ

3種類(アルミ・ステンレス・チタン)のサイレンサーアウターカバー素材をご用意致しております。

サイレンサーカバーエキゾーストパイプ商品番号JAN定価
アルミスチールメッキ2610-014582287246785100,000円
【税込110,000円】
ステンレススチールメッキ2610S-014582287246792105,000円
【税込115,500円】
チタンスチールメッキ2610Y-014582287246808110,000円
【税込121,000円】

仕様詳細

フィッティングタイプフルエキゾースト
サイレンサーサイズφ67×300
オイル交換
オイルフィルター交換
タンデム
センタースタンド×
公道走行
近接排気騒音値96db
備考CB400D SUPER HAWK Ⅲ 適合不可

サウンドムービー

よくあるご質問

マフラーを交換する際、エキゾーストガスケットを再利用する事は出来ますか?

エキゾーストガスケットは、必ず新品のものと交換して下さい。
再利用した場合、排気漏れを起こす可能性が御座います。
当製品には、付属しておりませんので、別途ご用意頂く必要が御座います。

インナーサイレンサーは、取り外せますか?

いいえ、取り外せません。

フランジ(エキゾーストホルダー)は、付属していますか?

いいえ、付属致しておりません。別途HONDA純正品をご用意下さい。

サイレンサーアウターカバーの材質による性能の違いは、ありますか?

走行性能、静粛性能、音質につきまして、違いは御座いません。
耐候性及び耐久性は、アルミ素材に比べて、ステンレス及びチタンが優位となります。

フロントエキゾーストパイプと集合部の差込部には、液体ガスケットを塗布した方が良いですか?

はい、液体ガスケットをご使用頂く事で、密閉性を高める事が可能で御座います。
当社では、シリコン製の液体ガスケットを推奨致しております。

ご購入に関するご案内